高齢者講習 | 神奈川県 都南自動車教習所

高齢者講習

高齢運転者は自動車の運転のベテランです。しかし、年齢とともに視力や体力、記憶力や判断力などが変化し、若いときと同じではなくなってきます。そうした体の変化を理解し、変化に応じた運転を行うことで安全運転を続けることができます。 現在、70歳以上の運転免許取得者には、免許証更新時に「高齢者講習」を受講することが義務づけられています。この講習は、視力や運転操作について問題がないかを診断したり、実際に車を運転したりしながら、自身の運転技能についての認識・理解を深め、その後の安全運転に活かしていただくためのものです。 また、75歳以上の方が免許証を更新する場合には、高齢者講習の前に「講習予備検査」を受けることが義務づけられています。講習予備検査は、記憶力や判断力を測定する検査で、その結果に応じて、従来よりもきめ細かな高齢者講習を実施します。


ご案内

ご案内
場所 神奈川安全運転研修センター(都南自動車教習所)
講習日 火~日曜日(月曜日は定休日)
持ち物 * 高齢者講習のお知らせのハガキ
* 運転免許証* 講習料金* 原付・二輪の方はヘルメット、
手袋、雨具(雨天の場合)
* 筆記用具は特に必要ありません(貸出あります)
(お弁当持参の方はセンター内でお召し上がりになれます)

予約について

ご予約はお電話で承ります。
詳細についてはお問い合わせください。

施設のごあんない

この講習は下記にて行います。

神奈川安全運転研修センター
神奈川安全運転研修センターでは、お子様からシニアの方まで、生涯をとおして交通ルールやマナーを守れるよう、地域に根ざした交通安全教育を行っています。めざすのは、人や社会を大切にする"安全力"の育成。「一人ひとりを、最良のセーフティ・ドライバーに」という思いのもと、他にはないきめ細かな取り組みを行っています。
たとえば、通常2〜3ヵ月待ちになることが多い「高齢者講習」を毎日開催。企業のニーズに合わせた法人向け講習やプロのカウンセラーによるメンタル面の指導など、すべてのプログラムを最新の施設・設備で行います。人と人、心と心で支え合う、安全な交通社会づくりのために−。
  • ◎ 外観
  • ◎ エントランスロビー
  • ◎ 適性検査室
  • ◎ 講習室
講習日:火〜日曜日(月曜日は定休日)

アクセスマップ

このページのトップへ